So-net無料ブログ作成

こうしている間にも [海上保安庁]

こうしている間にも海上保安庁は日夜休むことなく全国の原子力発電所の沖合を警備しています。
原発の警備には管区の垣根を越えて全国の巡視船艇が投入されます。
前の出動で壊れた箇所の修理も惜しんで原発警備に出かけることもあります。

以前退役した巡視船「ちょうかい」は暴風雨の中漂流したフェリーの救助に向かい、
「ちょうかい」自身も大波で破損したにもかかわらず、帰投後すぐに新潟の刈羽原発の警備に向かいました。

暴力で協議を妨害した奴らに海上保安官の爪の垢でも飲ませてやりたい。

暴力じゃ最終的な解決にならない [その他]

現在、経産省の原子力安全・保安院の協議に反原発派の団体が乱入し、協議が中断しています。
経済産業省は警視庁に出動要請をしたそうです。おそらく機動隊が投入されていることでしょう。

この協議は、福井県にある大飯原発3号機・4号機の運転再開判断の前提となるストレステストの妥当性について話し合いを行い、全国で初めて「妥当」とする判断を示す予定だったそうです。

その協議が反原発団体委を名乗る集団によって妨害されました。
奴らは自分たちが目立つためには、暴力を使っても良いと考えているようです。

奴らは原子力発電のことを真剣に考えてなどいません。単なる目立って銭を得たいだけです。


奴らは嘘つきです。偽善者です。日本の将来のことなど微塵も考えていない集団です。
全員逮捕してください。
タグ:原発

主権の侵害 [海上保安庁]

シーシェパードがまたもや調査捕鯨船団に対して妨害行為を行い、第2勇新丸のフロートを持ち去ったとか。

この行為は海賊行為であるとともに日本国に対する主権の侵害であります。

日本政府は犯人を特定し、逮捕すべきでしょう。海賊行為が特定されれば巡視船を派遣して対応する事も可能です。

ことなかれ主義ではいけません!

118番 [海上保安庁]

今日は海の緊急通報用番号「118番」の日です。2011年に制定されました。

「118番」は2000年5月から運用されています。

しかし運用開始以、来毎年通報内容の95パーセント以上は間違い・いたずら電話!とんでもない事態が続いています。

いたずら電話を繰り返す行為は偽計業務妨害という立派な犯罪です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。